ライブレポ・純情倶楽部中目黒編

10月14日(金) 中目黒・純情倶楽部 ~中目黒で聴く純情な歌~

☆出演☆ Hide-c. コカリク-4D Beadroads (O.A)yocco

久し振りに中目黒の商店街を歩いた。 子供時代に戻ったかのようなノスタルジックな気分を味わう。 どこか懐かしい商店街。そんな中に『楽屋』(RAKUYA)の看板を発見。 扉を開けると美味しそうな料理の香り。 直感的に長居出来る居心地の良いお店であると感じる。

opening act : yacco(Hide-c.ピアノ伴奏)からスタート。 ちょっぴり緊張した印象だが、まごころのこもった歌声。

2番目はコカリク-4D とても愉快なグループ、テンポが良く自然と笑顔になる演奏。

3番目にHide-c. 1. Isen′t she lovely 2.蘇州夜曲 3.ダーリン 4.why(新曲) ※上京し電車の中で出来たばかりの曲 5.約束

今夜のお客さんの年齢層は20~40代が多い、そして年配の方も見受けられた。選曲はその為かアップテンポなものからバラードまで、楽しいトークも絡み、全ての層を満足させるセットリストであったとの印象。

ラストソング『約束』はその場の空気を感じとりながら会場と呼応するかのような、いつもとはちょっと違う演奏。

いい雰囲気で終わりそうだ(^^)と思ったその時、お店に携帯電話の着信音が鳴り響く(^^; …。Hide-c.「電話で~す」、会場(笑)(^w^)。

4番目はBeadroags ボーカルのお子さんが客席に来ていたため和気あいあいとした雰囲気の演奏。

ラストは出演者全員参加で…。

楽屋。心地よく暖かな空間。お客さんの笑顔。 自分の出番が終わり、客席で楽しそうに仲間の演奏を聴くHide-c. その後ろ姿を眺めていてフッと… 人と人との不思議な繋がりを感じ、何故か『来年Hide-c.に嬉しい展開が起こりそう…。』 そんな予感を感じた夜だった。

~アミナレコード東京支部:本間~


特集記事

記事一覧