special track

mini album4曲目にはあらゆる意味で『特別』な音源が収録された。

それは昨年11月3日、東京で開催された『2015Live for life音楽彩』(※2005急性骨髄性白血病で他界した本田美奈子さんがきっかけで生まれた白血病患者さん支援の為の音楽イベント。)で演奏された『約束』の貴重なライブ録音。(詳しくはアミナレコードFBの過去の記事を参照。) NPO法人リブ・フォー・ライフ美奈子基金様とアミナレコード顧問も兼任して下さっている株式会社ビーエムアイ社長:高杉敬二氏のご理解とご協力をいただき、このmini albumに収録される事となった。

私としては感謝しても感謝しきれない夢のような話だ。

それほど素晴らしい皆さんにお届けしたかった奇跡のライブテイク。 昨日、関係者に聴いて貰ったところ『まるで天井の無い会場で歌っているような歌声だ…声と天がつながっている無限の空間が浮かぶ』と表してくれた。まさに僕も会場で同じ体験をした。特にアウトロでのどこまでもどこまでも拡がり続けるロングトーンの圧巻のフェイク…。 『天と地を繋ぐ』永遠を感じる瞬間。

予期せぬHide-c.の歌唱にPAさんの処理が追いつかず、一部音が割れている生々しさもCDで味わっていただきたい。

最後に… この記念すべきアミナレコード第一弾CDを発売するにあたり、素晴らしい出逢いとチャンス…そして勇気を私に与えてくれた母:美千代に心の奥底から感謝申し上げる。あなたがいなければこのCDは確実に存在しない。ありがとう…ありがとう。 (※今回Hide-c.が母をsupervisorとしてCDにクレジットしてくれた )

アミナレコード:田中誠一郎

~『約 束 』 作詩・曲 Hide-c.~

最後の瞬間に思い返す 後悔をどれくらい残したかを その日世界を包む大空は 僕の目には何色にうつるかな?

この青い星で僕らは 何処に向かって歩いて行くの?

戻れない場所なんて無い 何度でもやり直せるから この声と命が尽きるまで どれだけ愛の詩をうたえるんだろう

ボクがあなたに送る蕾が いつの日にか花を咲かすように この青い星で僕らは それぞれ理由を持って生まれたんだから

終わらない物なんて無い 太陽がまた昇るように この声と命が尽きるまで どれだけ愛する人に出会えるんだろう

この広い空の何処で またキミに会えるそんな日を夢見て

楽園には苦しみなんて無い 永遠がずっと続くように ボクの時間がいつか終わるまで ずっと愛の証を残してくから

~fin~

《Hide-c.が音楽彩に寄せた言葉(抜粋)》 「音楽の使命」とは「人に笑顔と希望を注ぐこと」「音楽では病は治りません」しかし「音楽により生まれた力で、病と向き合う力が湧いてくる」私はそれを確信しています。


特集記事

記事一覧